ウェットフライ

スポンサーリンク
ウェットフライ

フリールズ・ファンシー

ギニアクイルは釣れるらしい。ネットでそんな記事を読んだので、試してみたら本当に釣れた!
ウェットフライ

ダークムーン

一度巻いてみたかったフライ。マコーのホーンがあるだけでなんとなくサーモンフライの雰囲気。ウェットフライ並の手軽さのドレッシング。本来ならブラックのヘンハックルなんだけど、無かったのでヘンレオンのハックルを代用した。
ウェットフライ

ブラックキング

スペイフライの定番フライ。増水時に川底付近を流すと効いた事があった。ヒゲナガのラーバにマッチするのかなも。ブロンズマラードを上手く留められた時の満足感でも満たされるフライ。
ウェットフライ

オーストリッチとパートリッジ

ソフトハックルフライのバリエーション。オーストリッチボディのフライはそれだけでも釣れる。それにパートリッジを巻いただけの簡単なフライ。これで無ければ釣れないとう状況は無いと思うけど、何を投げても釣れない時に試してみるようなパターン。
ウェットフライ

オーストリッチとソフトハックル

ソフトハックルフライのバリェーションとして。
ウェットフライ

オレンジ&パートリッジ

昔からあるシンプル過ぎるソフトハックルフライ。タイイング も簡単。
ウェットフライ

ジェネラル・プラティクショナー

実はイギリス生まれのサーモンフライ。今ではスチールヘッドフッシングに欠かせないパターン。
ウェットフライ

川のアメマスフライ

アメマス狙いには重いシンクティップで川底を転がすような釣りになる。簡単に巻けて根掛かりによるロストも気にしないフライは精神的にいいと思う。この色合いは淡水でも、アメマスに好かれるみたいで、反応はいい。
ウェットフライ

シルバードクター

マラードのウィングにマリードしたサイドを付ける。見た目の派手さだけではなくて魚を惹きつける力ももちろんあるフライ。
ウェットフライ

ジョック

ホワイトティップブルーマラードのウィングを持つこのフライ。このマテリアルの扱いがかなり難しい。でも、上手く巻けるとその綺麗さに満足感も高い。
ウェットフライ

プロフェッサー

マラードウィングのウェットフライ。モンカゲロウのハッチの時にも効くんだとか。
ウェットフライ

グリズリーキング

マラードをウィングに使ったウェットパターン。小さめに巻く事が多い。
ウェットフライ

ホスキンス

ウェットフライに目覚めるきっかけをくれたフライ。北海道で7月に出る大きなガガンボがハッチする頃によく使う。
ウェットフライ

ホットワックスとピーコックソード

ホットワックスを使うとピーコックソードがまとめやすくて、簡単に、綺麗なウィングが巻ける例。
ウェットフライ

シルバーサルタン

夏のウェットフライの定番の一つ。
ウェットフライ

ロイヤルコーチマンウェット

フライのスタンダード。ウェットフライでも同じ
ウェットフライ

ハーディーズフェイバリット

ウェットフライの基本的なフライ。ピーコックとフロスのボディは色んなフライで使われているので練習にも丁度いい。
ウェットフライ

マシュマロとピーコックソードのウェットフライ

ピーコックソードをウィングにした一見普通のウェットフライ。ホットワックスを使って簡単に留める方法を試してみた。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました