言語切り替え
1つ星(いいねする)

ジョック

ジョックの写真 ウェットフライ
フックとサイズ
ウェットハック#10前後
テール
ゴールデンフェザントクレスト
ボディ
イエロー、ブラックのフロス
リブ
ゴールデンオーバルティンセル
ハックル
ギニアファウル
ウイング
ホワイトティップブルーマラード
1,076 ビュー
ウェットフライ

ホワイトティップブルーマラードのウィングを持つこのフライ。このマテリアルの扱いがかなり難しい。でも、上手く巻けるとその綺麗さに満足感も高い。

タイイングの手順

  1. テイルのクレストとリブビング用のゴールドオーバルティンセルを留める。

  2. ボディ後半のイエローのフロスを留める。

  3. イエローのフロスをシャンクの半分巻いたら次はロイヤルブルーのフロスを留める。本来は黒のフロスだけど、青の方がカッコいい気がしたからここでは青。

  4. ティンセルでリビングする。色の境目にティンセルが被さるようにすると綺麗に見える。フロスのボディを巻く時は下地の段差を作らないようにする事がタイイングのコツ。

  5. スロートのギニアフォウル。ハックリングではなくて、ファイバーで挟み込むようにして留める。そうするとヘッドが嵩張らないように出来る。

  6. 最大の難所のウィング。出来るだけ手間をかけないでサッと留める事。手間取るとどんどん崩れてしまう。このウィングが問題なく留められるなら殆どのウェットのウィングは簡単だと感じるはず。

  7. バーニッシュを塗って完成。 ウィングが薄くてばらけ安いし、使える部分が少ないので、集中力が必要なフライだと思う。

質問、意見、感想なんでもコメントして下さい。

タイトルとURLをコピーしました