スポンサーリンク
言語切り替え
1つ星(2)

徳用パックのマラードでウィングを巻く。

ウェットフライ
フックとサイズ
テール
ボディ
リブ
ハックル
ウイング
グレイマラード
3,164 ビュー
ウェットフライ

綺麗なウエットフライを巻く為には質の良いマテリアルを使う事が大切な事で、マテリアルを選ぶ目をやしなうのもテクニックの一つ!とは言ってもマテリアルが高騰してそうも言ってられないご時世ですね。そこで、安価な徳用パックで売られてマラードを使って巻いてみました。

タイイングの手順

  1. 徳用パックの物は変な癖がついていたりファイバーが揃っていなかったり、安いから仕方ないです。

  2. でも、ヤカンでお湯を沸かせて注ぎ口から出てくる蒸気にマテリアルを当てれば、ファイバーのクセが取れて元の形に戻ってくれます。

  3. その中から出来るだけ左右対象に近い物を選んで。

  4. 写真のように整形します。 これの裏同士を合わせるようにしてウィングにします。

  5. V字に開いたファイバーを閉じるように持ってシャンクの上に乗せます。

  6. スレッドで止めるのはストークではなくて、あくまでファイバーです! 最初、ほんの少しストークにスレッドをかけてからそっとアイ側にずらして、ストークが抜けた所でしっかり巻き留めます。

  7. 量が足りなかったら同じ要領で2枚目を重ねます。

  8. 納得できる形になったらしっかり固定して、余分をカットして完成

質問、意見、感想なんでもコメントして下さい。

タイトルとURLをコピーしました