スポンサーリンク
ニンフ

ビーズヘッド・プリンスニンフ

白いグースクイルのウィングを持つこのニンフはニジマス釣りに効果的。ビーズヘッドにして、素早く沈むようにしたニンフは、流心の底に定位するニジマスを釣るためには何かと便利。
ウェットフライ

ジェネラル・プラティクショナー

実はイギリス生まれのサーモンフライ。今ではスチールヘッドフッシングに欠かせないパターン。
ウェットフライ

川のアメマスフライ

アメマス狙いには重いシンクティップで川底を転がすような釣りになる。簡単に巻けて根掛かりによるロストも気にしないフライは精神的にいいと思う。この色合いは淡水でも、アメマスに好かれるみたいで、反応はいい。
ストリーマー

ミノーフライ

海アメ釣りの定番的フライ。 島牧に通い始めた頃はこればかり使っていた。
ドライフライ

マドラーミノー

浮かべてよし、沈めてよす、ナチュラルもドラグをかけても釣れる。ニジマス釣りには欠かせないフライ。
フライタイイング の基礎

ピーコックハールの巻き方 その3

ピーコックハールは強いマテリアルではないので、魚を釣ると魚の歯やフォーセップで切れて、せっかくのピーコックのボディが直ぐに壊れる。そんな時の一手間。見た目の綺麗さは無いが、ピーコックボディとしての存在感はある。丈夫なテレストリアルパターンを巻く場合はこれで充分。歯で切れてもほどけないし、飛び出たハールはラインカッターでカットすればまた使える。
フライタイイング の基礎

ピーコックハールの巻き方 その2

ピーコックの右側のハールを使う場合の巻き方。フリューの使いたい所が左側とは逆になるので、巻きも、向きも変わってしまう。
フライタイイング の基礎

ピーコックハールの巻き方その1

テレストリアルフライに欠かせないマテリアル。希少マテリアルじゃなくて良かった。ウェットフライのボディに使ってもその魅力は変わらない。
フライタイイング の基礎

ダビングボディの巻き方

一般的なダビング材でのボディの巻き方。ダイレクトダビングとも言われたりします。スレッドに直接ダビング材を撚り付ける方法。
ストリーマー

ガーグラー

ジャック・ガーサイドの有名なソルト用フライ。海アメも釣れた。スレた海アメには水面に浮いてるストリーマーが効く事もある。このガーグラーをポコポコ引っ張ってみたらカボッと出る事があって、やっぱり魚は居るんだと思う事がある。
ストリーマー

手抜きゾンカー

ゾンカーはやっぱり釣れる。リトリーブでもスウィングしても、あの魅力的なラビットの揺れがたまらなく魚を惹きつけるだろう。本来ならマイラーチューブのボディで巻くべきだけど、時間が無い時や、量産したい時にはこのスタイルで巻いている。
ドライフライ

ヘアウィング・ダン(シャック付き)

レネ・ハロップの考案した有名なフライ。ほとんどの水棲昆虫をイミテーション出来るし、数匹釣っても浮いてくれる。ドラグを掛け水面をスイングさせればカディスにもなる便利なフライ。フライを始めた頃に沢山の魚を釣らせてもらった。
ドライフライ

ヒグマナット

秋も深まる10月。日中に気温が上がる日には雪虫が大発生する。ライズの主は侮れない大きさのニジマス。出来るだけフックサイズをあげる為にミッジのクラスターを模す事になる。ヒグマのアンダーファーを使うことで、浮力とクラスター感を更に醸し出せそうと思って巻いてみた。
ドライフライ

グリフィスナット

ミッジの釣りの時に持っておくと良い、奥の手のフライ。 ミッジに盛んにライズする魚が、一般的なミッジパターンには反応しない時に使うと案外反応したりする。クラスターに見えるのかどうなのか?極小のテレストリアルの時にも試したいパターン。
チューブフライ

イントルーダー風チューブフライ

本流の大型トラウト用にイントルーダー風に巻いてみた。フロントのディスクと軽いプラスティックチューブに良く揺れるマテリアルで、泳ぐ様はいかにも釣れそうな雰囲気が出てる。魚にもそう見てえくれたら良いんだけど。
ストリーマー

スードゥーヘアストリーマー落鮎風

ダビング材で作るバルクヘッドを応用して簡略化したストリーマー。頭で流水を受けて、スードゥーがなびいてなかなか魅力的!
ストリーマー

フィフスエレメント

洋書のMODEN STEELHEAD FLIESの表紙に出てるフライ。オリジナルはMichael Decoteauさん。 特徴はフォックスで作ったバルクヘッド。和やらかくて立体感の有るこのフライで本流のビッグトラウトを狙って見たい。
ストリーマー

アクアマリン ピンクブルー

本流のフライフィッシングをする人でこのフライを知らない人は居ない。ブルピンが良く釣れるのはルアーもフライも一緒。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました