スポンサーリンク
ドライフライ

タランチュラ

ニジマス狙いのビックドライ、大人気のタランチュラ。ニジマスが大きなフライを好むのは本能のようなのもなので、実際に効果的。一見静かなポイントでも、しつこく投げ続けると突然派手に水面が炸裂する事も良くある。キャストしたフライからは目を離してはいけない。
フライタイイング の基礎

ゴールデンフェザントティペットの取付け方

ドライフライやウェットフライにも、ゴールデンフェザントのティペットをテイルに持つフライは多々ある。でも、バラけやすいので、タイイングビギナーの頃にはきれいに整えて巻くのは苦労する部分だと思う。でも、ちょっとしたコツで簡単に出来る。
ドライフライ

ミッジドライ

コック・デ・レオンのハックルファイバーをレッグ兼バランサーに使ったミッジアダルトのドライフライ。
ドライフライ

フローティングミッジピューパ

ミッジピューパのバリエーション。 ウィングのCDCの根元をスレッドで絞って、ウィングと本体の分離を狙ったパターン。
ドライフライ

CDCダン

ドライフライ

フタバコカゲロウ・スペント

羽を水面に落としたスペントパターン。この羽落ちのライトパターンがよく効く。ここではフタバコカゲロウとしたけど、サイズと色を変えると様々なサイズのメイフライに対応できる。
ドライフライ

ハックルティップミッジ

グリズリーのハックルティップをシャックに見立てたミッジフライ。構造的にもっと小さいフックでも巻ける。フローティングミッジピューパのバリエーションとして。ハッチしつつある状態とも言える。
ニンフ

フローティングニンフ・コカゲロウ

コカゲロウのフローティングニンフ。CDCダンでも釣れそうだけど、ハッチの状況に合わせたフライでライズを獲れたら満足度は尚更高い。
ドライフライ

フローティングミッジピューパ

ハックルのストークをボディに巻いて、縞模様を出したミッジピューパ。浮かせる所と沈める所をはっきり区別するのがタイイングのポイント。
ニンフ

ミッジピューパ

ビッグドライの豪快な釣りも面白いのは間違いないけれど、ミッジの釣りは更に奥深くて面白いと思う。その相手が大きな魚だと尚更。フライパターンや流し方、合わせや細いティペットでのやり取りなど、フライフィッシングのあらゆる知識と技術が総動員されるのがミッジの釣りだと思っている。
ドライフライ

セレンディプティ

このフライを本で最初に見た時、ん?何これって思った。カディスのイマージャーでなかなか効果も有るようだ。でも、このフライをまだ実際に使った事が無い。今度、ライズを見つけたら先ず使ってみようと思う。そうしたらこのフライの正体が自分なりにわかると思っている。
ニンフ

ブラッシーOSP

その昔、友達がワンキャスト、ワンヒット正に入れ食い状態になった時に使っていたフライ。当時は、なんなのかよくわからなかったけど、今思えばブラッシーとOSPの合体フライ。何が効くのかよくわからない、CDCがいいのかな?
その他

レオンのフラットウィングシュリンプ

ヘンのレオンハックルをフラットに付けたシュリンプパターン。ジェネラルプラティクショナー風のフライ。島牧ではもっとシンプルな試作フライで普通に釣れた。まだまだ改良の余地はある。
ニンフ

O.S.P

フライを始めた頃に通ってたショップでよく名前を聞いていたフライ。困った時はこのフライだと、新参者の私には始めは名前だけ知らされていた。しばらくしてシールズファーのボディにCDCをハックリングしたフライだと分かった。私自身は使う機会が殆ど無かったのだけれど、フライの雑誌でも紹介されていて、やっぱり釣れるフライなんだと再認識した。思い起こせばCDCをハックリングした似たようなフライで入れ食いしてた知り合いが居たな。
ニンフ

フェザントテイルニンフバリエーション

フェザントテールニンフのソラックスにハーズイヤ系のニンフダフなどを使ったパターン。バリエーションの一つとして。
ニンフ

フェザントテイルニンフ

ニンフのマッチハッチャー。フェザントテイルニンフは様々なスタイルがあるが、今回はクラシカルなレシピで巻いてみた。ワイヤーをスレッド代わりに使うので、サイズの割に素直に沈んでくれる。使い勝手のいいスタイル。
ドライフライ

ミッジアダルトハイフロート

水面に高く浮くこんなハックルタイプのミッジパターンが奥の手になる事がある。
ニンフ

ブラッシー

コパーワイヤーをたっぷり巻いたこのフライは素早く沈むので、回遊してくる魚のレンジに合わせやすく、狙い撃ちを可能にしてくれる。きっとミッジのサイトフィッシングに門を開いてくれるはす。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました