言語切り替え
1つ星(いいねする)

CDCストーンフライ

CDCをフラットウィングにしたストーンフライパターン ドライフライ
フックとサイズ
TMC2302 12番
テール
ハックルファイバー
ボディ
ダークタンのダビング材
リブ
ハックル
バジャー
ウイング
CDC2枚
2,510 ビュー
ドライフライ

初夏にカワゲラがまとまってハッチする時。パラーシュートパターンへの反応が鈍って出てもすっぽ抜ける事がよくある。そんな時はこのフライ。シルエットが変わると反応がやっぱりよくなる。このフライは7月頃にでる大きめのグレー色のカワゲラに合わせた。春先の黄色のはサイズを下げて、マテリアルを黄色くすれば良い。

タイイングの手順

  1. ダン系のハックルファイバーで短めのテイルを巻く。

  2. ダークタンのダビング材でシャンクの中央までボディを巻く。

  3. CDCを2枚重ねて、フラットに止める。

  4. フロントハックルを取り付けて、ハックルの巻しろにうっすらとダビングする。こうするとハックルがずれにくくて、綺麗にハックルが巻ける。

  5. 密に巻いたら、ヘッドでフニッシュ。

  6. ハックルの下側をカットしたら完成。

質問、意見、感想なんでもコメントして下さい。

タイトルとURLをコピーしました