スポンサーリンク
ドライフライ

CDCガガンボ

ガガンボのCDCパターン。ガガパラが見切られるような時が出番。CDCのレッグが繊細な虫っぽさを醸し出してくれます。
ドライフライ

CDCフライングアント

北海道では、八月の初旬の蒸し暑い雨の翌日に羽アリが大量発生することがある。そんな時には絶対の羽アリパターン。
ドライフライ

適当ストーンフライ

良く見えて簡単に巻けるフライを思って巻いた。一応、ストーンフライが水面を転がってる様子を真似たつもり。これでも、波立つ水面でヤマメは食ってくれた。
ドライフライ

ガガパラ

ガガンボがハッチしている時に。オーバーサイズのハックルが効果的。北海道で初夏にハッチするガガンボはゴツくて大きいので繊細さあまり気にしない。
ドライフライ

エルクヘアカディス

タイイングを始めた頃に誰しも巻いた事のあるフライ。
ドライフライ

パラダン

メイフライのハッチのある時に良く使う。パラシュートパターンはやっぱり使い勝手がいい。
ドライフライ

CDCカディス

下から見た姿にこだわったカディスフライのCDC版。ライズ狙いでもブラインドでも効果的。構造上、ドラグも掛かりにくいので使いやすいです。
フライパターン

シュリンプフライ

オリジナルのシュリンプパターンを模索して行き着いたパターン。エビって普段は頭を前に普通に泳いでるよなと思って、このパターンはアイ側が頭です。 スローリトリーブでも、沈めても釣れます。ハマればクレージーチャーリーにも負けまいくらい海アメは釣れます!
ウェットフライ

ポーラーティールスペイ

本流の釣りに使うウエットフライ。ティールの縞模様とポーラベアの揺れが魚を誘う。小魚を餌にしている大型のトラウトに効くはず!
ウェットフライ

シルバーマーチブラウン

ウエットフライのベーシック。渓流から本流、海のサクラマスにまで効いてくれる信頼のフライ!
ストリーマー

オオナゴストリーマー

島牧の海アメ釣りに。スカッドや、小型のストリーマーで反応がなくても、ルアーでポツポツ釣れてるような日に使う。オオナゴサイズには及ばないけど、大型のベイトを食ってるらしい状況の時にはいい反応が有る。リトリーブは大きく。
ストリーマー

海アメフライ

海アメを釣る為に釣れそうな要素を集めたフライ。オリーブ、UV、スペックルド、ビーズヘッド。フライの消耗が激しい海アメ釣りで、簡単に巻けて量産出来て、実績も申し分なし!
ウェットフライ

ウーリーバガー

湖で一番良く使う、信頼しているパターン。いろんなパターンを使ってみて結局これに行き着くフライ。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました