スポンサーリンク
言語切り替え
1つ星(1)

シュリンプフライ

縞模様が特徴のオリジナルシュリンプフライ、このフライはアイ側が頭です。 フライパターン
フックとサイズ
TMC202sp 6番前後
テール
グリズリーハックル、シンセティックヤーン
ボディ
アイスダブパールなど、ポーラベアのアンダーファーなど硬めの毛
リブ
シルバーのオーバルティンセル
ハックル
グリズリー、なるべくファイバーが長いもの
ウイング
オーバーボディーに透明の熱収縮チューブを半分にカット。
4,583 ビュー
フライパターンその他

オリジナルのシュリンプパターンを模索して行き着いたパターン。 エビって普段は頭を前に普通に泳いでるよなと思って、このパターンはアイ側が頭です。 だからかどうか判らないけど、スローリトリーブでも釣れます。 ハマればクレージーチャーリーにも負けまいくらい海アメは釣れます!

タイイングの手順

  1. 下巻きをして、アントロンヤーンなどをテールにします。

  2. ダビングボディはボリュームを出すために頭から巻いて1往復します。

  3. ダビングは往路はきっちりと、復路はラフに巻きます。

  4. ダビングが出来たら、フライの背中に両面テープを貼り付けます。

  5. 幅広のグリズリーハックルのストークをアイの所で留めて、そして両面テープに貼り付けます。

  6. オーバーボディ用の透明の柔らかいパイプ状の物(ここでは熱収縮チューブ)を半分にカットして留めます。

  7. シルバーのオーバルティンセルでリビングして、オーバーボディを固定して、ヘッドでティンセルも留めてフィニッシュ。

  8. ダビング材とハックルファイバーを丁寧に掻き出して、テイルのハックルと、オーバーボディを適当な長さにカットして完成。

  9. 少々タイイングは面倒なので、それぞれ工夫して簡略化してもいいと思います。ボディの色も白から少しオレンジが混ざったクリーム色などバリエーションは様々です。

質問、意見、感想なんでもコメントして下さい。

タイトルとURLをコピーしました