スポンサーリンク
言語切り替え
1つ星(いいねする)

マテリアルを留める

フライタイイング の基礎
フックとサイズ
テール
ボディ
リブ
ハックル
ウイング
543 ビュー
フライタイイング の基礎

フックシャンクの任意の場所にマテリアルを巻き留める最初の一巻き目。短いマテリアルや柔らかい時はこの方でやってます。フックが小さくなっても基本的に同じ。

タイイングの手順

  1. 先ず、マテリアルを留めたい場所にスレッドを掛ける。

  2. マテリアルを摘む時は指を揃える。

  3. 指の端をスレッドの位置に合わせてマテリアルを置く。スレッドの位置が指に少し隠れる位がいいが、その逆に指の端がスレッドの位置から離れるのは良くない。

  4. スレッドを上げて、指の間に滑り込ませスレッドを指で摘む。

  5. スレッドを摘んだままにして、反対側にスレッドを回す。

  6. そして、人差し指の側面にスレッドを沿わせて回しつつ、指の中のスレッドをゆっくり滑らせて絞る。ウェットフライのウィングの留め方と似ている。人差し指の皮がささくれてたりするとスレッドが引っかかって上手く出来ないので、指のケアは大切。

  7. 最初の一巻き目で、こうやって留めたら後は普通にスレッドを巻いて完全に固定する。

質問、意見、感想なんでもコメントして下さい。

タイトルとURLをコピーしました