スポンサーリンク
言語切り替え
1つ星(いいねする)

ヒゲナガウェット

ヒゲナガ風のウェットフライ ウェットフライ
フックとサイズ
ウェットフック6番前後
テール
ゴールデンフェザントクレスト
ボディ
オレンジのダビング材、ここではホットオレンジのサーモウェブ
リブ
ゴールドオーバルティンセル
ハックル
ボディハックルはクリーム、スロートはコックデレオン
ウイング
白っぽいターキークイル
3,329 ビュー
ウェットフライ

ヒゲナガがハッチする頃は白っぽいウィングへの反応がいい。イブニングに限らず昼間からでもいい反応が得られるように妄想を膨らませたフライ。流す時はメンディングは控え目に。ターンを繰り返すより、スイングで流れを横切らせる方が反応がいいと思う。

タイイングの手順

  1. ゴールドのフラットティンセルでタグを巻いて、クレストを付ける。そしてゴールドフラットティンセルを取り付ける。

  2. オレンジのウェット用のダビング材。スレッドにワックスを掛けるとダビング材を縒り付ける易くなる。

  3. ダビングの終わった後にハックルを止める。

  4. 好みによるけど、ハックルの片方のファイバーをむしる。ボディハックルはこれ位がバランスが良いと思う。

  5. ハックルを前から巻いて、後ろでティンセルで固定する。そのティンセルでハックルを押さえつつ前に向かって巻いて、アイの所で固定する。

  6. 更に、コックデレオンのスロートを巻く。巻き終わったらハックルを全体的に後方に撫で付けて整える。

  7. ウィングは白っぽい多いターキークイル。

  8. 慎重に止めたら、余りをカットして、黒のバーニッシュを丁寧に塗って完成。

質問、意見、感想なんでもコメントして下さい。

タイトルとURLをコピーしました