スポンサーリンク
言語切り替え
1つ星(いいねする)

手抜きゾンカー

ストリーマー
フックとサイズ
ストリーマーフック#6前後
テール
ボディ
ポーラシェニール各色
リブ
ハックル
ウイング
ラビットスキン各色
942 ビュー
ストリーマー

ゾンカーはやっぱり釣れる。リトリーブでもスウィングしても、あの魅力的なラビットの揺れがたまらなく魚を惹きつけるだろう。本来ならマイラーチューブのボディで巻くべきだけど、時間が無い時や、量産したい時にはこのスタイルで巻いている。

タイイングの手順

  1. ラビットスキンの下ごしらえ。よく切れるカッターナイフで十分なので、これでスキンの皮を薄くそぎ取る。毛先をバイスのジョー側にして、毛並みとは逆巻に削いでいく。

  2. テイルの末端の両側を斜めにカットする。

  3. フックのポイントの真上くらいにラビットスキンを留める。スレッドを巻く所のファーを分けて、皮にスレッドを掛けて巻く。この時、スキンを水に浸しておくと、ファーが扱い易い。

  4. ボディにポーラシェニールを留める。

  5. アイの後ろまて、ポーラシェニールを巻く。密度はお好みで。

  6. ファイバーを下側に束ねて、ゲイプ幅より少し長めにカットする。

  7. カットは斜めでも、水平でもOK。

  8. ラビットスキンをアイの後ろで巻き留める。この時ピンと張って緩め無いこと。濡らしてあるので、これが乾くとさらに張って仕上がりが綺麗になる。

  9. ラビットスキンのファーを分けないで、そのまま巻き留めてフィニッシュ。

  10. 乾いたところ。細身のシルエットが効く事もある。トッピングを増やすと豪華になる。

質問、意見、感想なんでもコメントして下さい。

タイトルとURLをコピーしました