言語切り替え
1つ星(2)

ガーグラー

ストリーマー
フックとサイズ
ロングシャンク#4〜#6
テール
バックテール、フラシャブー
ボディ
フォーム材、シェニールなど
リブ
ハックル
サドルハックルなど。
ウイング
1,294 ビュー
ストリーマー

ジャック・ガーサイドの有名なソルト用フライ。型は何者にも似てないけど、なんだか釣れる。海アメも釣れた。動きや存在感が生き物らしく表現されてるんだと思う。スレた海アメには水面に浮いてるストリーマーが効く事もある。沈めて引っ張っても全く反応が無くて、このガーグラーをポコポコ引っ張ってみたらカボッと出る事があって、やっぱり魚は居るんだと思う事がある。

タイイングの手順

  1. バックテールをシャンクと同じが少し長い位に巻き留める。

  2. フラシャブーなどをバックテールと同じ長さに留める。

  3. オーバーボディのフォーム材を巻き留める。

  4. フォーム材はホームセンターや百均にある発砲シートを幅1センチ、長さは5センチ位にカットする。厚みは3ミリくらいがちょうどいいと思う。

  5. サドルハックルのファイバーの柔らかい物(シェラペンなどお好みで)をとめる。

  6. 次に、これもアレンジで光り物のシェニールなどをボディに巻く。

  7. ハックルを巻く、量や長さは好みで自由自在に。

  8. フォームを引っ張りながら折り返して、アイの後ろで巻き留める。余ったフォームを持ち上げて、根元に更にスレッドを巻いてフォームを立たせる。

  9. 適度な長さのヘッドを残して、余分をカット。適度にヘッドを整形したら完成。

  10. ガーグラヘッドとはこのフライのヘッドの事を言う。立ち上げたヘッドが水を受けてポコポコ飛沫をあげたり、又は引き波を作って魚を誘う。

質問、意見、感想なんでもコメントして下さい。

タイトルとURLをコピーしました