言語切り替え
1つ星(2)

イントルーダー風チューブフライ

チューブイントルーダーフライの画像 チューブフライ
フックとサイズ
プラスティックチューブ2.5センチ程度
テール
リアショルダーはシールズファー、ギニアファウル、オーストリッチ
ボディ
フロス、オーバルティンセル、コックハックル
リブ
ハックル
フロントショルダーはフォックステール、オーストリッチ、アムハーストセンターテール
ウイング
1,443 ビュー
チューブフライ

本流の大型トラウト用にイントルーダー風に巻いてみた。フロントのディスクと軽いプラスティックチューブに良く揺れるマテリアルで、泳ぐ様はいかにも釣れそうな雰囲気が出てる。魚にもそう見てえくれたら良いんだけど。

タイイングの手順

  1. リアショルダーにシールズファーをダビングループを使って巻く。チューブの黒い点は2センチと2.5センチの目印。

  2. 次にギニアファウルフェザーを巻く。

  3. 更にリアショルダーにナチュラルのオーストリッチを数本取り付ける。

  4. ボディを巻く。フロントからハックルを巻いて、リアからティンセルで抑えなが巻き進める。

  5. ボディが巻けたら、フロントショルダー。チャートのフォックステールをダビングループでツイストして巻き留める。

  6. フォックステールを後方に 良く梳かして馴染ませてたら、次はオーストリッチを同じくダビングループを使って巻き留める。長さはショルダーを超えるくらい。

  7. 更にアムハーストセンターテールのファイバーをダビングループで巻き留める。長さはオーストリッチと同じくらい。

  8. ダビングループの方法はちょっと面倒なので、スレッドで直接巻く方が簡単。でもヘッドを小さくしたい場合はダビングループの方が良いと思う。

  9. ヘッドをウィップフィニッシュして、ヘッドセメントを塗って固めたら、ディスクをはめて、チューブを処理したら完成。

質問、意見、感想なんでもコメントして下さい。

タイトルとURLをコピーしました