言語切り替え
1つ星(いいねする)

チューブフライ

本流でよく使うチューブフライ チューブフライ
フックとサイズ
ブラスチューブ2センチ
テール
ボディ
アイスダブピーコック、蛍光オレンジフロス
リブ
ゴールド・オーバル・ティンセル
ハックル
ウイング
フォックステール、ブラウンマラード
3,193 ビュー
チューブフライ

本流で使うチューブフライ。サイズはブラスのチューブ2センチ。それなりの重さがある方が水中では安定するみたい。

タイイングの手順

  1. チューブをセットして下巻。リビング用のゴールドオーバルティンセルを取り付ける。

  2. ボディには最初にアイスダブ UVピーコックをダグの様に巻く。

  3. 次に蛍光オレンジのフロスなどでボディを巻く。

  4. ティンセルでリビングしたらスロートのフォックステールのアンダーファアーを止める。

  5. ウイングの一番下にUV系のシンセティック。

  6. 次にチャートリュースのフォックステール。

  7. 最後にブラウンマラードをフラットに取り付ける。

  8. マラードをフラットにボディに沿う様に止めるには、根元に近いカーブの強い所を使えば上手く出来る。

  9. 余分をカットして、黒のバーニッシュを塗ったら完成。

質問、意見、感想なんでもコメントして下さい。

タイトルとURLをコピーしました