言語切り替え
1つ星(いいねする)

ゴールドリブドヘアーズイヤー

ゴールドリブドヘアーズイヤー ニンフ
フックとサイズ
TMC3761#10〜#16
テール
ブロンズマラードやパートリッジなどなんでも。
ボディ
ヘアーズイヤー系のダビング材
リブ
ゴールドオーバルティンセル
ハックル
ウイング
ウイングケースにピーコックブルーネック
1,786 ビュー
ニンフ

ニンフフライのベーシック。誰もが巻いた事のあるニンフフライ。ウイングケースをブルーネックに変えたら艶めかしい雰囲気になった。ダビング材の色を暗い物から明るい色などバリエーションを用意すると良い。

タイイングの手順

  1. シャンクにウエイトを巻く。使う場所や用途でウエイトは調整する。

  2. スレッドでウエイトを固定して下巻きをしたら、テイルとリブ用のゴールドオーバルティンセルを取り付ける。

  3. ヘアーズイヤーダビング材でアブドメンをシャンクの半分くらい巻いて、ティンセルでリビングする。

  4. ウィンクケースにピーコックブルーネックを止める。 通常はグースクイルや、黒のポリなどだけど、今回はブルーネック。

  5. ソラックス部を巻く。掻き出すので太めに巻く。ダビング材を巻いた後にスレッドで荒くオーバーラップすると掻き出した時に痩せすぎない。

  6. ソラックスにブルーネックを被せて止める。

  7. ソラックスのダビング材を掻き出す。

  8. 基本はウサギの耳の毛だけど、ハーズイヤーのダビング材でも大丈夫。更にオポッサムや独自にブレンドしたダビング材でもOK。

質問、意見、感想なんでもコメントして下さい。

タイトルとURLをコピーしました