スポンサーリンク
言語切り替え
1つ星(いいねする)

O.S.P

ニンフ
フックとサイズ
ニンフフック#8前後
テール
ボディ
シールズファー
リブ
コパーワイヤー
ハックル
CDC1枚
ウイング
549 ビュー
ニンフ

フライを始めた頃に通ってたショップでよく名前を聞いていたフライ。困った時はこのフライだと、新参者の私には始めは名前だけ知らされていた。しばらくしてシールズファーのボディにCDCをハックリングしたフライだと分かった。私自身は使う機会が殆ど無かったのだけれど、フライの雑誌でも紹介されていて、やっぱり釣れるフライなんだと再認識した。でも、思い起こせばCDCをハックリングした似たようなフライで入れ食いしてた知り合いが居たな。

タイイングの手順

  1. ビーズヘッドをセットして、レッドワイヤーを任意の量を巻き留める。

  2. レッドワイヤーをスレッドで固定したら、リビング用の太めのコパーワイヤーを巻き留める。

  3. スレッドにシールズファーをダビングする。シールズファーはダビングしずらいマテリアルなので、スレッドにワックスか、マルチグルー、もしくはダビングループを使ってボディを巻くのがいい。

  4. 自然なテーパーが付くようにダビングする。

  5. コパーワイヤーできつくリビングする。

  6. リビングが済んだら、ダビング材を適度に掻き出す。

  7. CDCを一枚ビーズの後ろに留めて。後は巻くだけ。

  8. スレッドはビーズの後ろでウィップフィニッシュ。これで完成。

質問、意見、感想なんでもコメントして下さい。

タイトルとURLをコピーしました