スポンサーリンク
言語切り替え
1つ星(いいねする)

ブラッシーOSP

ブラッシーOSPの画像 ニンフ
フックとサイズ
ニンフフック#10〜#16
テール
ボディ
コパーワイヤー、ピーコックハール。
リブ
ハックル
CDC
ウイング
593 ビュー
ニンフ

その昔、友達がワンキャスト、ワンヒット正に入れ食い状態になった時に使っていたフライ。当時は、なんなのかよくわからなかったけど、今思えばブラッシーとOSPの合体フライ。何が効くのかよくわからない、CDCがいいのかな?

タイイングの手順

  1. ビーズをセットしてレッドワイヤを適量巻留める。ソラックスと同じ幅にするとまとまりやすい。

  2. コパーワイヤーを取り付ける。太めでも大丈夫。

  3. コパーワイヤーを密に巻いてアブドメンにする。

  4. CDCを1枚取り付ける。

  5. 一枚を巻ききる。

  6. 次にピーコックハールを数本巻き留める。

  7. スレッドに縒り付ける。

  8. ビーズの後ろまで巻いたら、余分をカットして、ここでウィップフィニッシュする。

  9. CDCをカットして完成。

質問、意見、感想なんでもコメントして下さい。

タイトルとURLをコピーしました