スポンサーリンク
言語切り替え
1つ星(いいねする)

ミッジピューパ

ニンフ
フックとサイズ
#18〜#26
テール
ボディ
ティペット、フラッシャブー各色、ソラックスにハーズイヤー
リブ
ハックル
ウイング
496 ビュー
ニンフ

ビッグドライの豪快な釣りも面白いのは間違いないけれど、ミッジの釣りは更に奥深くて面白いと思う。その相手が大きな魚だと尚更。フライパターンや流し方、合わせや細いティペットでのやり取りなど、フライフィッシングのあらゆる知識と技術が総動員されるのがミッジの釣りだと思っている。

タイイングの手順

  1. 下巻きをして、オーバーボディのナイロンの3Xティペットを巻き留める。 段差が出来ないようにアイの後ろから巻き留める。

  2. 次にインナーにフラッシャブーを一本巻き留める。ここではパールカラーを使ったが、各色使ってバリエーションを増やせる。

  3. インナーを巻く。巻く時は、ローター機能があるバイスならフックをひっくり返すと巻きやすい。

  4. ティペットを出来るだけ密に巻く。ボディの補強はもとより、透過してきらめく感じが良くなる。 アイ一つ分空けて巻き留める。

  5. ソラックスにハーズイヤーをダビングする。量はほんの少し、キツめにスレッドに縒りつける。

  6. ソラックスを2〜3回転で巻いたら、アイの後ろでウィップフィニッシュして完成。

質問、意見、感想なんでもコメントして下さい。

タイトルとURLをコピーしました