スポンサーリンク
言語切り替え
1つ星(いいねする)

CDCフライングアント

羽アリの流下の時に絶対使うフライングアントパターン ドライフライ
フックとサイズ
16番
テール
ボディ
ラスティブラウン
リブ
ハックル
ブラウン
ウイング
CDC、エアロドライウィングファイン白
1,660 ビュー
ドライフライ

北海道では、八月の初旬の蒸し暑いひに羽アリが大量発生することがある。 そんな時はこれ。ボディは黒より濃いブラウンの方が反応が良いように感じる。

タイイングの手順

  1. シャンクの半分位までボリュームのあるアブドメンを巻く

  2. ハックルをパラリと3から4回転

  3. エアロドライウィングのファイン白を二つ折りで留める

  4. ソラックスの部分もボリュームを出して作る

  5. 二つ折りにしたエアロドライウィングの片方を折り返してアブドメンに被せてヘッドで留めて完成。

  6. 白い部分が増えているので、視認性もなかなか良い。

質問、意見、感想なんでもコメントして下さい。

タイトルとURLをコピーしました