言語切り替え
1つ星(いいねする)

フローティングミッジピューパ

ドライフライ
フックとサイズ
#18〜#24
テール
ボディ
フロス各色
リブ
ファインのゴールドワイヤー
ハックル
ウイング
CDC
609 ビュー
ドライフライ

ミッジピューパのバリエーション。 ウィングのCDCの根元をスレッドで絞って、ウィングと本体の分離を狙ったパターン。

タイイングの手順

  1. 下巻きをして、リビング用のゴールドファインワイヤーを巻き留める。

  2. アブドメンにフロス。一束のフロスを半分の量にして使う。

  3. アブドメンを巻いたところ。

  4. インジケータ兼ウィングのCDCを少量スレッドに引っ掛けて巻き留める。

  5. パラシュートポストを巻くのと同じ要領で、CDCを立たせる。角度はお好みで。 巻き上げたスレッドの幅の分、ウィングと本体が離れて、水面に干渉した違和感の軽減を狙っている。

  6. ソラックスにヘアズイヤー系のダビング剤を少量。アイとウィングの間にはダビング材を巻かなくてもいい。ここでは巻いているけど、フライが小さくなるとその必要性も薄れるので、省略する事もよくある。

  7. ウィップフィニッシュして、CDCを適度な長さでカットして完成。アブドメンをヘッドセメントなどでコーティングして水面下にすんなり沈む工夫をするのもいいと思う。

質問、意見、感想なんでもコメントして下さい。

タイトルとURLをコピーしました