スポンサーリンク
言語切り替え
1つ星(いいねする)

羽落ちテレストリアル

ヒグマの毛を使ったテレストリアルフライ ドライフライ
フックとサイズ
#10〜#14
テール
ボディ
フロス各色、オーバーボディにピーコックソード
リブ
ゴールドファインワイヤー
ハックル
コックハックル各色
ウイング
ヒグマの毛、ポストにエアロドライウィング
732 ビュー
ドライフライ

長めのアブドメンにヒグマの毛をウィングに使ったテレストリアルパターン。イワイイワナのアレンジ版だと思っている。甲虫の類というよりはアブなどの羽虫を意識したつもり。

タイイングの手順

  1. エアロドライウィングでポストを作ってハックルを留める。

  2. リビングのゴールドファインワイヤー、ピーコックソード、フロスの順番に留める。

  3. フロスを巻く。

  4. オーバーボディのピーコックソードを被せて、ゴールドファインワイヤーでリビングする。

  5. ヒグマの毛をアンダーファーごと二束切り出して、交互に重なる。それをポストに掛けて巻き留める。

  6. ピーコックハールを数本巻き留めて、ソラックスを巻く。

  7. ソラックスが巻けたらピーコックでなくても、ダビング材などお好みで。

  8. ハックルを巻いてポストで固定して、スレッドはアイでフィニッシュして完成。

  9. 下から見たところ。

  10. 上から。

質問、意見、感想なんでもコメントして下さい。

タイトルとURLをコピーしました