言語切り替え
1つ星(1)

ロイヤルウルフ

ロイヤルウルフの写真 ドライフライ
フックとサイズ
#10〜#14
テール
黒のディアヘア、ミンクテールなど
ボディ
ピーコックハール、フロス
リブ
ハックル
ブラウンのコックハックル
ウイング
カーフテール
1,173 ビュー
ドライフライ

ロイヤルパターンはウエスタンスタイルでも決まります!センターバントのマテリアルの色や質を変えるとバリエーションは増やせます。

タイイングの手順

  1. カーフテールのウィングと黒のディアヘアのテイルを留める。この時に段差を無くしておく。

  2. ピーコックハールを2本留めて、ここではスレッドと縒り合わせて巻いている。普通に巻いてファインワイヤーでリビングでもいい。

  3. 蛍光オレンジのフロスでセンターバントを巻いて、さらにピーコックハールを2本留めてボディを巻く。センターバンドのオリジナルはレッドだが、水に濡れるとくすんでしまうので発色のいい蛍光色にしている。

  4. ブラウンのハックルを2枚留める。本当はコーチマンブラウンのハックルを使うとさらにかっこ良くなる。

  5. ハックルを留めたらカーフテールを分けて立たせる。

  6. ベンド側のハックルから1枚ずつ巻く。ここではウィングの前後に各4回転ずつ巻いていいる。

  7. 2枚目のハックルは揺らしながら巻くと最初のハックルファイバーを倒さずに巻ける。

  8. ハックルが巻けたら、小さなヘッドを作って完成。

  9. スレッドをフィニッシュしてから、ハックルファイバーを整えたり、跳ねたファイバーやカーフテールを毛抜きなどて抜き取ると更に見栄えは良くなる。

  10. ハックルの密度はハックルの質に影響されるので、ハックル選びは大切です。

質問、意見、感想なんでもコメントして下さい。

タイトルとURLをコピーしました