スポンサーリンク
言語切り替え
1つ星(いいねする)

クイルゴードン

クイルゴードンの写真 ドライフライ
フックとサイズ
#12〜#14
テール
ブルーダンのハックルファイバー
ボディ
ストリップピーコッククイル
リブ
ハックル
ブルーダンのハックル
ウイング
ウッドダック
1,219 ビュー
ドライフライ

スタンダードパターン。 このフライの出番は多くないかも知れないし、ボックスに無くても困らないと思う。フライフィッシングに風情を求めるのも良いと思う。

タイイングの手順

  1. ウィングとテイルを留める。 長さはシャンクと同じくらい。段差が出来ない様に気をつける。

  2. フリューを取り除いたピーコックハールを留める。ピーコックのアイの部分のハールが幅があって巻きやすい。先端側をシャンクに留める。

  3. 千切れやすいので慎重に巻いていく。黒い縞模様が綺麗に出るように巻く。

  4. ハックルを1枚留める。

  5. ウィングを分ける。 繊細なイメージにするならウィングはもっと少なくても良い。

  6. ハックルを巻く。ウィングの前後を各4〜5回転くらいずつ巻く。

  7. ハックルを留めるて、小さなヘッドを作って完成。

  8. クイルボディは弱いので、補強する。ピーコックを巻く前に接着剤を塗る方法もあるし、巻いてから塗ってもいい。ここではホットワックスで補強。

  9. ツヤツヤになっていい感じ。

  10. 誤魔化しが効きづらいフライなので、スレッドワークやハックリングの練習にいいかも。

質問、意見、感想なんでもコメントして下さい。

タイトルとURLをコピーしました